ドコドコ劇場|名作『ブレードランナー』を超速で鑑賞する

スポンサードリンク
AdSense_pc_wide
スポンサードリンク

ブレードランナー

1982年公開の『ブレードランナー』。

ストーリー

2019年、地球環境の悪化により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ都市部での生活を強いられていた。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発された「レプリカント」と呼ばれる人造人間が、奴隷として過酷な作業に従事していた。レプリカントは、外見上は本物の人間と全く見分けがつかないが、過去の人生経験が無いために「感情移入」する能力が欠如していた。ところが製造から数年経てば彼らにも感情が芽生え、人間に反旗を翻す事態にまで発展した。しばしば反乱を起こし人間社会に紛れ込む彼等を「処刑」するために結成されたのが、専任捜査官“ブレードランナー”である・・・

引用元:Wikipedia -> こちら

公開当時は話題にもならなかった映画ですが、後にその世界観と映像センスで現在でも熱狂的なファンがいます(私もその1人)。

ブレードランナー

主演はハリソン・フォードですがこの映画に欠かせないのはなんといってもルトガー・ハウアーです。

ブレードランナー

ルトガー・ハウアーが演じたロイ・バッティの最後のセリフ・・・これこそがこの映画の全てだと行っても過言ではありません。

おまえら人間には信じられない物をオレは見てきた。
オリオン座の近くで燃えた宇宙船や、
タンホイザー・ゲートのオーロラ
そういう思い出も、やがて消える、時が来れば
涙のように、雨のように
その時が来た・・・

既に本編をご覧になったことが方は名シーンを思い出しながら。まだご覧にったことがない方は・・・視聴後映画レンタルしてください。

さぁ、ポップコーン食ってる暇ないですよ〜。

はじまりはじまり・・・ビーーーーーーーーーー



いいね!をすると、最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

スポンサードリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>