iPhoneをシェイク!シェイク!でテキスト削除と復活

スポンサードリンク
AdSense_pc_wide
スポンサードリンク

iPhone入力取り消し機能

昨日まで知らなかった機能 m(__)m

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、Apple製品のヘビーユーザーだと思っていたドコドコが知らなかったiPhoneの機能をご紹介します。

タイピングしたテキストを消したいとき、ペーストしたテキストを消したいとき、あなたのiPhoneを振る(軽く)だけの動作で素早く消すことが出来ます。

また、「消しちゃったけど復活させたい」場合も同じくiPhoneを振ってみてください、復活させることが可能です。

これはiPhoneだけじゃなくて、iPod TouchやiPadでも有効です。下の例ではメールアプリでご紹介していますが、連絡帳やメモなどテキスト入力する系のアプリで有効です。直前に入力したテキストを消したい場合は「x」ボタンで消してください。そうしないと、それまで入力したすべてのテキストが消えてしまいますから。

すでに「取消」ー「やり直す – 入力」で復活したテキストについては、その後に入力したテキストをiPhoneを振って「取消」しても残ります。

また、ペーストした場合はペーストしたテキストのみが「取消」や「やり直す – 入力」の対象になります。

1.文字入力します

iPhone入力取り消し機能

2.iPhoneを振ります

「取り消す – 入力」のウィンドウが表示されます。ここで「取消」をタップしてみましょう。

iPhone入力取り消し機能

3.入力した文字がすべて消える

先ほど入力した文字は全て削除されました。

iPhone入力取り消し機能

4.さらにiPhoneを振ってみます

削除された状態で、さらにiPhoneを振ってみましょう。今度は「取り消す – 入力」のウィンドウに「やり直す – 入力」の項目が追加されて表示されました。「やり直す – 入力」をタップしてみましょう。

iPhone入力取り消し機能

5.先ほど消した文字が復活します

1.で「取消」て削除した入力文字が「やり直す – 入力」で復活します。

iPhone入力取り消し機能


いいね!をすると、ドコドコの最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

スポンサードリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>