【記憶に残しておきたい動画】|釣り糸に絡まったウミガメをサーファーが助けた!

スポンサードリンク
AdSense_pc_wide
スポンサードリンク

フロリダ州ココアビーチでのサーファーが水面でもがいている何かを見つけました

それは釣り糸に絡まり、もがいているアカウミガメでした。

サーファーはしばらく様子を見ていましたが、自力では難しいと判断し、アカウミガメに近づき絡まった釣り糸を切ると自由になったウミガメは泳いで行きました。

そしてさっそうと立ち去るサーファーの姿がクール!

1年前の動画ですがドコドコの記憶に残しておきたい動画です。

アカウミガメについて

人間との関係

開発による産卵地の破壊、漁業による混獲、ビニールゴミの海洋への投棄、食用や剥製用の採集などにより生息数は減少していると考えられている。海洋に生息するため生息数の推移は不明だが産卵例に関しては日本国内で最大の産卵地とされる屋久島では1990年における産卵例は約1,500、1997-1999年における産卵例は300-400と減少傾向にある。
日本では1967年に徳島県美波町が「大浜海岸のウミガメおよびその産卵地」、1980年に静岡県御前崎市が「御前崎のウミガメおよびその産卵地」として産卵地や上陸個体が国の天然記念物に指定されている。
Source by Wikipedia


いいね!をすると、ドコドコの最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

スポンサードリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>