いまだからこそ思い出して欲しい・記憶に残して欲しいエレナちゃんが家族に宛てたメモの出来事

スポンサードリンク
AdSense_pc_wide
スポンサードリンク

昨今、幼児虐待、連れ去りや殺害と子供が巻き込まれるニュースが連日のように報道されています。子供に愛情を抱けない親や、歪んだ愛情を持って接する大人がなんと多いことでしょう。

このような事件が頻繁に起こっている今、ドコドコはある出来事を思い出さずにはいられません。親や大人が思う以上に子供は純粋に「愛」を持って周りを見ているということに気が付かせてくれる、6歳でこの世を去ったエレナ・ディッセリッチちゃんのこと。

エレナ・ディッセリッチ

今から数年前、ネットやテレビでも話題になったので覚えてる方も多いと思います。エレナ・ディッセリッチちゃんが家族に残したメモの数々。

彼女が残した愛情を込めて書いた家族宛のメモは、彼女が亡くなったあと家の中のいろいろな場所から出てきました。それはエレナちゃんが脳がんと宣告されてから、病気と闘っていた9ヶ月の間に書かれたメモです。

悲しみに暮れていたご家族は、自分たちが愛した子供からどれだけ愛されていたかを知り、どんなに喜んだことでしょう。

こんな時代だからこそあらためてエレナちゃんの出来事を紹介する映像をご紹介します。

This is Elena:
エレナの事

She always eats her vegetables first.
彼女はいつも野菜を最初に食べます。

She can never wear enough pink.
彼女は大好きなピンクの服をたくさん着ることありません。

She crosses her legs when she sits.
彼女は座る時、足を組みます。

She always writes her name backwards – not because she doesn’t know how to write it, but because she “just likes the way it looks.”
彼女はいつも自分の名前を最後に書きます。ー彼女が書き方を知らないわけではありません。なぜなら、それが彼女の見せ方だから。

There is nothing better than art class, except, of course, a trip to the library.
図書館へお出かけは美術のクラスを受けるよりも充実していました。

Skip the pop, give her milk. And pour it in a wineglass and say “cheers.”
彼女にミルクを与えると、跳ねるようにスキップします。 そしてワイングラスに注いで「乾杯」と言います。

Fiction is better than nonfiction.
フィクションはノンフィクションよりいいです。

She loves “squibble-squabbles” (lace and ruffles).
彼女はレースやフリルが大好きです。

She loves babies.
彼女は赤ちゃんが大好きです。

Tights are best when in jungle patterns or polka dots.
タイツがジャングル柄か水玉模様の時は最高に喜びます。

No pants, only dresses.
パンツではなく、ドレス(スカート)派です。

When you play school, she is always the teacher.
学校で遊ぶ時は、彼女はいつも先生のようです。

Sally(a grumpy old chihuahua) is the best pet she never had.
サリーは彼女の最高のペットです。(年をとったムッツリとしたチワワ)

You can never have enough headbands.
あなたはヘッドバンドをたくさん集めることができません。

All she ever wants in life is to be a mom.
彼女が人生でなりたかったものは、おかあさんです。

Elena Desserich was diagnosed with inoperable brain cancer when she was just 5 years old. In August 2007 she lost her battle at the age of 6.
エレナ・デッセリッチが5歳の時に脳ガンと診断されました。2007年8月の6歳の時に彼女は亡くなりました。

When Elena was diagnosed, her parents were told she had just 135 days to live. They never told her she was dying and wanted to make the time left special for Elena and the hole family.
両親は彼女が135日の余命と宣告されました。心をいためた両親は残された毎日が彼女にとって特別になるように、エレナには病気のことを伝えませんでした。

Elena was secretly writing love notes to her family members and hiding them between the pages of books, in cupboards, drawers, bags etc. in her house and the houses of relatives.
エレナは家族の知らない間にメモを書いて家中のあちこちに隠しておきました。本の間、食器棚、化粧台、かばん等です。

They found the first ones a few days after she died and have found them ever since.
最初に見つかったメモは彼女が無くなって数日立った頃でした。

“She was a child who was wise beyond her years. I hate to think she knew she was dying but I think she did.”
「死を悟っていたとは思いたくないけど、もしかしたらエレナは知っていたのではないか」

””’
エレナ メモElena i LoVe T Mom DAD
ママ、パパだぁ~いすき。 エレナ

エレナ メモGRACE i LoVe GRACE GO GO!
グレイス 大好きだよ!

エレナ メモi love You Mom DAD Grace
ママ、パパ、グレイス愛してる。

エレナ メモmom DAD and Grace love i you
ママ、パパ、そしてグレイス愛してるよー!

エレナ メモ

T i lov you MoM DAD Elena At
エレナはママとパパを愛してます。

エレナ メモ

i Love you Mom DAD Grace
ママ、パパ、グレイス愛してる。

エレナ メモ
mom

Rest in Peace Elena
エレナ、安らかに



いいね!をすると、ドコドコの最新情報をあなたのタイムラインにお送りします。

スポンサードリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>